読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たこやき部屋

SteamVRを使って、Unityでゲームを開発したい

VRボンバーマンを作りたい その1(サブ画面表示)

VRでボンバーマンって・・・どうなんでしょう?

緊張感あって面白いんだろうか? そもそもどこから爆風が来るのか分からなくって、ゲームとして成り立たないんじゃなかろうか? でもそれは、どうゲームの作るか次第でなんとかなる??

んな不安を抱えつつ取り敢えず作ってみたいので、どこまで出来るかわからないけどやってみます。

 

さてまず最初にやることは、壊れるブロック・壊れないブロックをマップデータに沿って、動的に配置し迷路を作成、これは簡単に出来ました。(制作過程として書くことは特に無いです)

 

だがしかし!

f:id:takoyakiroom:20160827013841j:plain

試しに動かしてみたら、自分がどこに、敵がどこにいるのか分かない~~(敵はまだ作っていないけどね)

画面右下あたりにマップを上から俯瞰したレーダーみたいなのを作って、マップの様子が分かるよう手を加えよう。

 

「GameObject」→「UI」→「Canvas」を作成、同じく「GameObject」→「UI」→「Image」を作成。「Canvas」が目の前にあって、「Canvas」の中の「Image」に上からみたマップを描き込むように作ってきましょう。

Canvas」の「Render Mode」は「Screen Space - Camera」、「Render Camera」は「Camera (eye)」、これでCanvasが目の前にくる・・・と

f:id:takoyakiroom:20160827013431j:plain

 

Imageは程よい大きさと場所に調整。

f:id:takoyakiroom:20160827015825j:plain

 

「GameObject」→「Camera」で、上から見る用のカメラを作る。Position・Rotationも上から迷路を見る感じになるよう設定。(カメラを30m上空に、90度回転させて下向きにしてます)

「Assets」→「Create」→「Render Texture」作る。(CameraTextureってやつ)

「Camera」の「Target Texture」を 作ったTextureに設定する。

 

カメラの位置合わせ為、動かしながら確認していたら、下の「Console」に「audio listnerが2つあるぞ」と警告が出ている・・・

これは元々ある「CasmeraRig」のAudio Listnerと重複しているのが原因なので、マップ用カメラの方はOFFにするか消すかします。

 

さて、これでこのカメラに移った画像がTextureに描画されるはず! 

f:id:takoyakiroom:20160827015858j:plain

 

「Assets」→「Create」→「Material」を作る。

作ったMaterial の「Shader」を「Unlit/Texture」にし、更に「Base(RGB)」の「select」を押して、さっき作ったCameraのTextureにする。

f:id:takoyakiroom:20160827020343j:plain

 

んで、作ったMaterialをCanvasのImageにくっつける。

f:id:takoyakiroom:20160827020957j:plain

 

一旦作ってきたオブジェクトを整理。

最後に自分の頭の上「Camera (head)」に白い丸のTextureを設定したPlaneをのせて、自分の位置がわかるようにしています。

f:id:takoyakiroom:20160827021122j:plain

 

そしてホントにこのやり方であっているのか、不安を覚えつつ実行。

f:id:takoyakiroom:20160827021330j:plain

できた~、そして右下にマップ画面が出てきた。

 

だがしかし!

マップ画面の方向はこのままで固定。できれば自分がグルグル回ったら、マップも自分の方向に合わせてグルグル回って欲しい!!

 

マップ用のカメラにスクリプトを追加して、自分「"[CameraRig]/Camera (eye)"」の方向にカメラを回すように、更に自分の移動に合わせてカメラも動くようにしてみました。

f:id:takoyakiroom:20160827021724j:plain

マップ用カメラ

 

完成、マップに対してまっすぐになってる時は、L字型。

f:id:takoyakiroom:20160827022319j:plain

 

斜めを向けば、それに合わせV字型に。(但し色が・・・すごくわかりにくい・・・これは後で直そう)

f:id:takoyakiroom:20160827022358j:plain

 

今回はひとまずここまでですが、プログラムを動かして1つ気付いたことが・・・
壁の高さは2mにしているのだが、VR内で自分と背比べしてみてなんだか若干低いような・・・コレ、2mあるんかな?
前に床に置いた2つのブロックの間の長さは調査したけど、高さはどうなの?


測ってみました

  

まず、2mの柱を作成し、一番上にコントローラを固定。

f:id:takoyakiroom:20160827023153j:plain

 

現実の世界ではこのようになっています。

f:id:takoyakiroom:20160827023234j:plain

 

測ってみると・・・

f:id:takoyakiroom:20160827024920j:plain

ん~、ちょっと足りない、でもまぁこんなもんっすかね?
(煮え切らない結果のまま調査終了)