たこやき部屋

SteamVRを使って、Unityでゲームを開発したい

番外編:Viveコントローラの修理

いつもはHTC Viveでゲームを作って遊んでいますが、今回はそのViveコントローラのボタンの動きが悪かったので、コントローラを分解して直してみました。
同じような症状になってる人がいるかもしれないので、一応記録しときます。
なお、分解は保証が効かなくなるので自己責任でお願いします。

どんな症状かというと「Viveコントローラのトラックパッドが右に押し込めない」というものでした。
押した感覚が無い & 押した時反応がイマイチってくらいなので使っていてあまり実害はないし、トラックパッドのタッチセンサーはちゃんと反応していました。
f:id:takoyakiroom:20160912233544j:plain

実害もないので放っておこうかと思っていたのだけれど、YoutubeでViveコントローラを修理している動画を見つけ、意外と簡単に分解できそうなのが分かってしまった。
となれば、とりあえず分解です、分解するしかないのです。(子供の頃から壊れた機械は何でも分解する性分だから仕方がない)

このコントローラ、一部はプラスネジですが、大半は特殊なネジ(六角星型)で止まっているのでそれなりのドライバーが必要になります。
Youtubeの動画と見比べつつ、パッカリと外装を剥いで・・・
f:id:takoyakiroom:20160912234454j:plain

一体どこが悪いんじゃ~と探していたら、トラックパッドの丁度裏に当たる場所。
ここの赤丸の所がゴムのシールになっていて、このシールが若干ずれていました。
f:id:takoyakiroom:20160912235403j:plain

「えっ、もしかしてこれだけ」って感じだったのですが、シールを元の位置に戻してあげたら、ちゃんとボタンが押し込めるようになりました。
写真に写っている金色の薄いケーブルも抜けやすいみたいですね。Youtubeの動画ではこのケーブルを挿し直していました。

最後に別角度からの写真を
f:id:takoyakiroom:20160913000029j:plain
このセンサーがいっぱい付いているのがまた良いですね~!
やっぱ分解は正義だわ。

でも、くれぐれも自己責任でお願いします。部品も小さくて繊細なものが多いから。