たこやき部屋

SteamVRを使って、Unityでゲームを開発したい

UnityとSteamVRで何か作ってみたい

HTC Viveを買ってしばらく経ったけど、自分でVRの世界を作ってみるのは何やら面白そうなのでUnityをインストール、色々と勉強していこう!
でも、C・C++は大丈夫だけど、C#とかUnityとか3Dプログラムとかは全くの初心者です・・・

 

取り敢えず、Unityで新規プロジェクトを選んで、SteamVR pluginを入れるところから。
ここら辺の方法は調べれば色々と出てくけど、一応書いておきます。

 

 「Window」→「Asset Store」→「SteamVR」で検索→「SteamVR Plugin」を選んで、「インポート」。

f:id:takoyakiroom:20160821044439j:plain

 

「Project」のところに「SteamVR」って出てきたらOK!

f:id:takoyakiroom:20160821044453j:plain

 

次に、元々あった「Main Camera」は要らないから消す。

f:id:takoyakiroom:20160821044610j:plain

代わりにさっき入れた「SteamVR」の「Prefabs」の「[CameraRig]」を配置。

f:id:takoyakiroom:20160821044637j:plain

おおー、ルームスケールっぽやつが出てきて、何だかそれっぽくなってきたー!

 

床が無いと不安なので、Planeのオブジェクトを追加してと・・・

f:id:takoyakiroom:20160821044745j:plain

 

準備OK・・・取り敢えず実行してみよう。

f:id:takoyakiroom:20160821044811j:plain

コントローラ出てきて、自分の動きに合わせて動いた、すげー!

これは、でっかい部屋を新しくもらえた気分ですよ!!

 

で、この新しい部屋は何畳の部屋なんだろう??
調べてみるとUnityの長さの単位は「1m」なのか、ふむふむ

 

・・・・・・・ホント?

 

実際に調べてみた

Cubeを2個、長さ「1」の間隔で置いて・・・ここがきっと「1m」。

f:id:takoyakiroom:20160821044944j:plain

 

きちんと測るため、ルームスケールを設定しなおし。

f:id:takoyakiroom:20160821045005j:plain

 

プログラムを実行して、中の世界でViveコントローラをCubeに合わせて置く。

f:id:takoyakiroom:20160821045110j:plain

これで外の世界に戻って、2つのコントローラの間を測ってみよう!

 

f:id:takoyakiroom:20160821045151j:plain

おおー、ホントだ、1mじゃーないですか!
なんと、Unityの長さの単位「1m」はVRでも「1m」だった!!

 

・・・まあ、そりゃそうだろう